PMSの症状を緩和する為のコツ│生理のお悩みカウンセラー

女性

女性特有の辛さ

健康

生理前になるとイライライしたり、乳房が張ったりといった症状に悩まされてしまいます。この症状はPMSといい、生理前の女性にとっては万国共通の悩みと言えるでしょう。しかし栄養バランスの良い食事により、症状を改善することが出来ます。

詳しくはコチラ

まずはピルを使用してみる

健康

pmsの症状が重い場合はpmdd、月経前不快気分障害と呼ばれます。pmsとpmddの治療薬にはピルが使用されます。ピルで女性ホルモンの分泌を抑制し、症状を抑えることが出来ます。そのほか、食事療法もあります。

詳しくはコチラ

家族に症状を知ってもらう

健康

pmsは重い症状の女性と、なにも症状がない女性もいます。治療方法として、頭痛や腰痛には痛み止めを服用します。精神的な症状には抗うつ剤を服用する方法もあります。また、サプリメントなどで改善を促すことも出来ます。

詳しくはコチラ

まったく知らずに悩む

生活習慣を見直すことによってPMSの症状の悩みを改善することができます。発症しているかどうかはコチラでセルフチェックをしましょう。

デスクワークをされてる方は特に眼精疲労でお悩みの方も多いと思います。こちらに改善に役立つ情報が載ってるので、必見ですよ。

誤解していたこと

女性

私自身では気づかなかったのですが、思春期の頃から母にいつも指摘されていたことがあります。私が「時々、過剰に反応したり機嫌が悪くなる」ということです。そのことに対して母も私もこれが私の性格なのだとずっと思っていました。そしてそのまま15年以上が過ぎたときに、PMSという言葉を知りました。それは女性向けの雑誌でした。PMSの症状が私自身に当てはまることばかりで衝撃でした。今まで突発的に悲しくなったり、突然不機嫌になったり、怒りっぽくなったりするのは自分が未熟なせいだと思っていたからです。もちろん生理前に起きやすいのはわかっていました。しかしその症状についてPMSという名前があり、誰にでもあり得る症状と知ったことで、ほっとする気持ちも芽生えました。

そんな自分を受け入れる

同じ女性でも、母にはPMSの症状が一切ないそうです。友人ともそういった話は出ませんでしたので、まったく知識がありませんでした。私のまわりだけなのかも知れませんが、女性全員が悩むことではないために、知らずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。私も母からは「時々変になるその性格を直しなさい」と、ずっと言われてきたのです。そう言われても、私自身が感情をコントロール出来なかったので、どうすればいいか悩んだこともありました。今はPMSの症状を緩和してくれるサプリメントもあるので、それを飲むようにしています。飲むようになってからイライラなどが減ったような気がします。PMSの症状に効果が期待出来るエストロゲンや、そのエストロゲンによく似たイソフラボンの成分がサプリメントには含まれていることが多いです。私の場合はアレルギー体質でもあるので、無添加、かつアレルギー物質を全く配合していないサプリメントを選んで飲んでいます。